幼少期から英会話を学ぶメリットとは?

幼少期から英会話を学ぶメリットがある人の特徴

幼いうちにこそ英会話の発音力を習得しよう

 近年、急速に進む国際化や目まぐるしく変わる大学受験に代表される英語教育の変化に、ビジネスの現場で活躍するビジネスパーソンはもちろんこれから受験を迎えようとする保護者の皆様にとって、昨今の英語に対する認識の変化や学校における英語教育の変化は看過することのできない問題でしょう。制度が大きく変わると、それに応じた変化に対応していかなければならない点もあるとは思います。
 しかし、一番重要なのは、英会話、つまり英語も言語の一つであり、言葉の存在価値や勉強の仕方といった主要な部分は普遍的なものであるということです。英会話力を伸ばしていきたいという強い気持ちはよくわかります。ただし、会話だけを繰り返し、繰り返し行ったところで、英語力は伸びていかないのです。たとえば、あるものの名前を言葉で説明するとき、「これ」と指示語で示しても、より明確には相手に伝わりません。その物質がもつ固有名詞を明示してこそ、誤解を生じることなく相手に伝わります。これが形容詞であればその物質の状態をより具体的に表現することが可能です。さらに、動詞であれば何でも「する」の一言で済ますこともできないわけでもありません。
 日本語であれ、英語であれ、様々な動作を表現を熟語なり、英単語で表現します。これらを使用することで、より簡潔かつ適切な表現が可能になるのです。つまり、出来事やものごとを言葉で表現するのが会話なので、どうしても語彙力や表現力は不可欠になってきます。

幼少期からの英会話は楽しみながら英語特有の発音に慣れること

日本語を母国語とする人が大人になってから、なかなか身につかない苦労する発音の一つが”R”の発音ではないでしょうか。幼いころから”R”を自然と耳で聞いていた英語を母国語とする子供たちや、故国子女などは容易にできるようです。子供のころにしか備わっていない聴力の秀でた部分と言えます。

やはり英会話力はネティブ並みを目指したい

ネイティブ並みの英会話力を身につけたい、そう思うからこそ幼少期から英会話を学ぼうと検討されているのではないでしょか。日本語を母国語とする子供が徐々にしっかりとした日本語を話すのと同様、幼少期から英会話をはじめれば、自然とそうなる可能性大です。

特有の発音力(日本語を母国語とするっ人には難しい発音)

日本語を母国語とする人が発音しずらいと言われてます。上述した”R”では、日本語の発音に含まれていないため、極めて難しい発音なのだそうです。このほか”th”が難しいようです。たしか唇で舌を噛む。これも日本語では見受けられない動作です。ここでご紹介した2つは日本語の発音にはないので難しいようです。

Page
top