幼少期からの英会話は楽しみながら英語特有の発音に慣れること

帰国子女のメリットとデメリット

筆者が中学の時に1人英語圏に長年住んでいた日本人の帰国子女がいました。彼は英語の発音は教科書の模範テープに出てくるような流暢な発音をしていました。先生よりも発音がうまく、教科書暗唱文コンテストでは中学1年の段階では、校内の中学1年~3年を通じて優勝するなど輝かしいい成績を収め、さらに地元の市主催の暗唱文コンテストにも出場していたのも事実です。
しかし、彼はどの科目においても勉強を怠った結果、2年、3年に上級生に進級するにつれ、コンテストはおろか、日常の英語授業でも芳しい成績を収めることがなくなりました。やがて、同級生からも帰国子女のくせにこれくらいの英語の成績しかとれないのかよ、と嘲笑されるにまでいたったのです。

帰国子女で成功する人

筆者が進学した高校には2人の英語圏で海外生活のある帰国子女がいました。彼らに共通しているのは、英会話が上手であること。それに加え、いわゆる日本人が重視している読み書きといった分野の英語もテストをやらせれば常にほぼ満点を取っていました。高校生当時の筆者は同級生なので羨ましくも、憧れつつ、少しでもいいから追いつきたいという気持ちがありました。
そこでタイミングを見つけて個々の帰国子女に、帰国子女だと英語の勉強は有利なのか?と聞いたことがあります。すると、「日本の受験英語は帰国子女だからと言って簡単に解けるわけではない。やはり日々の努力が必要だ。」という意外な答えが共通して帰ってきました。帰国子女といえども日本の大学入試を突破するには、日本型の受験勉強をして必要な学力を身につけなければならないのでした。ちなみに先述の2人は満遍なく優秀な成績を収め、東京大学へ現役合格しました。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top