やはり英会話力はネティブ並みを目指したい

幼少期に知識が豊富だと親も子も錯覚

幼少期に英会話を学ぶメリットは、なんといっても、早い段階でお子さまに英会話力を身につけ、受験、就職、出世競争と人生に待ち構える数々の関門で有利になって欲しいという考えが根底にあるのではないでしょうか。そのお考え、よくわかります。そして、実際にお子さまを早期教育を学ばせると、お子さまの成長ぶりは素晴らしいものがあり、親御さんにとっては我が子は特別な才能を持っているのではないかと錯覚してしまいます。またその影響を受けて、お子さまもまた錯覚をうけてしまうこともあります。たとえば、小学校、中学校に進級したときに、そんなの知っていると授業を聞かなくなり、成績が伸びず、長期的には逆効果だったということもあるのです。

幼少期に英会話力を身につけるメリットとは

冒頭でも記しましたが、やはり言語の習得には幼少期にだけ見受けられる特殊な聞き取り能力があるようです。これは言語により特定の発音の有無があるためです。子供の頃に慣れ親しんでいなかった発音を、大人になってから習得しようとしても、これはなかなか難しいものです。以下で詳しく詳細を述べますが、将来的に日本国内の公用語が英語になるということは考えられないでしょうが、英語を話せていて損はないと思います。
 そのためには、幼少期の頃から、楽しみながら、英会話を徐々に学んでいくというのも一つの方法ではないでしょうか。極端なことを言えば、生まれてきた赤ちゃんは親の呼びかけなどを通じて徐々に言葉を覚えていきます。日本は学習というと肩ひじを張ってしまいますが、気楽な気持ちで臨めばいいのです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top